ホーム

お知らせ

2022年度世界選手権の開催地変更とそれに伴う選考会エントリー期間の延長について

2022年度世界選手権の開催地変更とそれに伴う選考会エントリー期間の延長について

2021/11/02掲載
10月31日付けのIRFの発表によりますと、
2022年度の世界選手権の開催地が当初予定されていた中国からボスニアに変更となりました。

WRC-2022-Bosnia.png






















長引く新型コロナウィルスの蔓延状況の中で開催が難しいとの判断があったようです。
その中で、ボスニアやチェコでの開催の可能性が探られ、この度ボスニアでの開催となりました。
大会が開催されないという最悪の事態は避けることができました。
調整を続けたIRFと提案を受け入れたボスニアの関係者の皆様に感謝します。

11月26〜28日に吉野川(徳島県三好市)で開催の代表選考会は予定通り実施いたします。
ただし、来年の本大会の開催時期が8月の予定から5月下旬〜6月上旬に変更になったことで、
出場を新たに検討されているチームもいらっしゃるかもしれません。
そこで、日本レースラフティング 協会の理事会で協議した結果、
代表選考会へのエントリー期間を延長し、11月10日のまでといたします。
お申し込みは下記フォームより手続きください。

選考会について何かご質問などございましたら、
大会運営事務局までお願い申し上げます。